銀行カードローンで即日融資

「最短即日」「即日融資可能」な銀行カードローンも今では多くあり、金利が低くしかも総量規制対象外で銀行の融資という信頼度の高さもあることから人気を集めています。しかし、銀行カードローンで即日融資を希望されるという場合にはいくつかの注意が必要です。

 

【審査時間は?】

即日融資可能な銀行カードローンの場合、その多くは審査時間を「最短即日審査」としています。しかし、口コミをみてみますと実際のところは融資実行されるのが翌日以降というケースも多いようです。もちろん、審査時間というのは個人ごと申込者の条件が違うわけですから当然のことながら審査にかかる時間にも違いが出てきます。最短の通りその日中に審査に通る方もいらっしゃいますが、最短で通れる割合が果たしてどのくらいなのか、というところはこの「最短即日審査」という言葉からは読み取れないのです。平均的に即日で審査結果がでるのか、それとも平均的にみると審査に数日かかるのか、「最短即日審査」の場合には、口コミなどから情報を拾ってなるべく審査の早い銀行カードローンを選ぶ必要があるでしょう。

 

【ほんとうに最短即日融資可能か?】

ほんとうに最短即日融資可能なのか、というのは「最短即日」と書かれていても、即日がかかるのが「融資」なのか「審査」なのかで違いがあるからです。銀行カードローンのなかには審査は最短で即日でも、融資実行には数日かかるというものもあります。つまり「最短即日審査」と「最短即日融資」はイコールではないということです。「最短即日」と書かれている場合には、それが融資なのか?それとも審査なのか?審査であれば、融資も即日中で可能なのかどうかといったところをまず確認しましょう。

 

【何時まで即日融資可能?】

銀行カードローンの場合、その多くは即日での融資方法が振込融資となっています。しかし、振込手続きというのは銀行の営業時間内の業務であるため、平日15時までに振込が完了しなければ、翌営業日の取扱となってしまいます。つまりその時間に間に合わなければ即日融資を受けられなくなってしまうのです。そのため、多くの銀行カードローンは即日融資可能な時間がかなり限られてきます。何時までなら即日融資可能、ということを明確にしている銀行カードローンが多くはないのですが、一部のカードローンでは平日14時までの所定の手続き完了で当日中の振込が可能、といった条件になっているようです。

 

以上のように、銀行カードローンを最短即日融資で利用するにはいろいろと注意点があります。もしも最速でお金を借りたい、もっと確実に即日融資を受けられる方法はないのかとお考えでしたら、大手消費者金融のカードローンがおすすめです。なかでもプロミスは審査時間が最短30分とたいへんスピーディーでもちろん即日融資も可能。全国1,000台を超える自動契約機で即日カード発行も可能なので、振込融資に間に合わない場合また土日祝日の即日融資も可能です。