いくらまで借りられる?即日融資の限度額

即日融資可能なカードローンは現在ではかなり増えました。消費者金融系のみならず、銀行カードローンのなかでも今では珍しくありません。限度額も最高限度額が50万円程度の小額なところから最高800万円、なかには1,000万円という大口融資可能なところもあります。しかしいくら最高限度額が高いからといって、誰もがこうした高額な融資を受けることはできません。それにはいろいろと理由があります。

 

【理由1. 総量規制】

2010年完全施行となった改正貸金業法。このなかで導入されている総量規制では、『個人の借入総額は原則年収の3分の1までに制限される』と定められています。つまりどんなに高額な最高限度額のカードローンであっても、自分の年収の3分の1を超えた借入は原則できないことになっているのです。ただしこれは貸金業者、つまり消費者金融や信販会社、クレジットカード会社などに適用されるもので、銀行カードローンは銀行の融資になりますから対象外となります。

 

【理由2. 最終的な利用限度額は審査で決まる】

希望する額の融資が受けられるかどうかは最終的には審査によって決まります。属性や信用情報、その他事実確認など一連の審査からどのくらいお金を貸してもいいかを判断するのです。

 

即日融資の場合には新規契約となります。これまで取引をしたことがない相手からいきなり「○○○万円貸して下さい」と言われてホイホイと貸せるでしょうか?即日融資の場合には、その会社との信用が全くない状態というわけです。希望しても、希望通りの融資を受けられない方は少なくありません。

 

消費者金融系では、新規契約の場合には利用限度額は多くても50万円と言われています。希望額は高額になればなるほど必要書類が増えたりなど審査が慎重で時間がかかります。そのため、それ以上高額になってきますと即日での融資は難しくなってしまうでしょう。